ジル・ローラン監督が見つめた、FUKUSHIMAの“人と土地のつながり”――

2011年3月11日福島原子力発電所の事故のあと、福島第一原発から約12キロに位置する富岡町は帰還困難区域として指定された。そこにひとり留まり、猫、犬、牛、かつて第一原発で飼育されていたダチョウ等の動物保護活動を続ける松村直登の存在からこの映画は始まった。 監督のジル・ローランは、ベルギーを拠点に主に欧州で活躍するサウンドエンジニアだった。妻の母国である日本に2013年に家族と共に来日。元々環境問題にも興味があった事から、“福島”について調べる中で、海外メディアで紹介されていた富岡町の松村直登さんの存在を知り、自らメガホンを取る事を決意。そして選んだ題材が“土地と寄り添いながら生きる人たちの力強さ“だった。
3組の家族に寄り添う事で、日常としての福島、そして故郷を愛する思いを紡ぎ出す。 “反原発”を声高に語るわけではなく、土地本来の持つ変わらぬ自然の美しさを切り取り、感じ取ってもらうことに、ジル・ローランの監督としてのメッセージが込められている。 本作は2015年8月から10月にかけて、福島県において2回に渡り撮影された。パリ同時テロ後の12月、編集作業のためにジル監督は祖国ベルギー・ブリュッセルに一時帰国。編集作業が一通り終わり、内覧試写をする予定だった2016年3月22日、ベルギー地下鉄テロで命を落とすという思いがけない事件が起こる。

初監督作品にして遺作となった、生命の映像詩。妻の母国である日本で待望の公開

映画はジル監督の想いを受け継いだ、プロデューサーや同僚らの手によって完成。そしてベルギーの仲間達、妻の熱い想いが伝わり、NHKおはよう日本や各新聞など多くの媒体でも取り上げられ、京都国際映画祭2016クロージング上映、そして2017年春日本での公開が決定した。
まさに製作者が、命を懸けて、命の尊さを描いた珠玉のドキュメンタリー映画である。

 

 



物語

 

福島第一原発から約12キロ離れた、福島県双葉郡富岡町。18番ゲートがある夜の森は、かつては桜の名所として賑わっていた場所だ。いまはゲート内の商店街に人影はなく、開け放されたままの窓からカーテンが外にたなびき、植物が建物に絡みついている。
3.11以後、町に残された動物を保護し育てる為、自分の故郷・富岡町に残る事を決めた松村直登。寡黙な父とふたり、いまも避難指示解除準備区域の自宅に留まっている。その活動は海外からも注目され、2014年にはフランスに招かれ講演も行った。
庭に実った瑞々しい茄子をふたりで収穫する半谷夫妻。時にテレビを見ながら笑い、仲睦まじい。「水と土で生きてるんだ。」と穏やかに語る農作業中の半谷さんの背後にはフレコンバックが積まれ、除染作業が淡々と行われている。

富岡町の自宅に戻ってきた半谷夫妻の元を訪れた松村さんは、「犬猫がいなかったら、俺も逃げてた。」という。そして「99%が逃げてんのに、1%だけ逃げていない」自分達は変わり者だと笑いあう。「好き勝手やって85歳までいきるか、悩んで90歳まで生きるか、どっちがいいか。」という問いかけに、「100歳まで生きる。」と答える半谷さん。故郷で生きる事を決意した3人は、自分達、そして故郷に突きつけられた現実の中、たくましく笑顔で日常を送っていた。
南相馬市内の雇用促進住宅に住む佐藤夫妻。市内にある自宅のリフォームをすすめている。丁寧な手入れをされていた庭木も、放射線量が高い為、次々と切り倒されていく。お彼岸の墓参りで放射能測定器を片手に“来年こそ”は故郷への帰還を先祖に誓う。庭に実った、自然の再生、生命力の象徴と言われるイチジクを食べながら、かつてこの町に暮らしていた友人たちと語らう時間。各々が家族の事情を抱え、3.11以後の国や行政、そして故郷に戻る者、戻らない者の間に生まれる葛藤に揺れ動いていた。
淡々と進んでいく日常生活の中で、彼らが自然体で紡ぐ言葉の中に“ある日”を境に、かつての故郷を失った人間たちの今とこれからが見えてくる。

 



コメント

 

映像の美しさ、そしてサウンドの豊かさ。カメラの存在を感じさせない自然な会話の中に、自分もテーブルを囲み会話を楽しんでいるかのような感覚を味わいました。ドキュメンタリー映画にあまり親しみのない人にも観てほしい、感動作です。
高島 礼子(女優)
 

ジル・ローラン監督が命をもって私達に遺してくれた大きな問いかけに、
すぐには答えが出ない。私はどこでどう生きていきたいのか。
でもそれは問われるべきことだったのだと思う、
私達はどう生き抜いて行くのか…と。

今井美樹(歌手・女優)
 
第一原発の南隣の富岡町は今や誰も住みたくないところのはずです。でも、その美しい自然の中でずっと暮してきて、いまだに離れられない人たちがいます。生活の変化といえば線量計が必需品となったことでしょう。その淡々とした姿を見ながら、あのような悪夢を繰り返してはならない思いを新たにしました。
ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
 
 
大地の息吹を感じさせる美しい映像。
しかしなんともいえない哀しさが、映像から伝わってくる。
清水 圭(タレント)
 
 
静かに時がすぎていく、富岡町。静かで強い怒り。何も何も終わってない。
黒田 知永子(モデル)
 
 
うつしだされる鳥の声や風の音は、昔とちっとも変らない。時は経ち、たとえ家族や生活の一部を奪われ、失ったとしても。逝く人の思いは、遺された人たちの胸に何度でもよみがえる。
生方 ななえ(モデル)
 
 
原発事故が起こった福島の今という現実、それを追った監督がテロでいのちを落としたという事実。
この二つを結びつける「人間にとって本当に大切なものは何か」という切実な問いかけが、
真っ直ぐわたしたちに向けられている。
覚 和歌子(詩人・シンガーソングライター)
 
 
原発事故で失われてしまった、福島の「普通」。普通の風景、普通の日常、普通の人々。それらがいかに美しく、尊かったか。福島から9500キロ彼方に生まれ育ち、命を奪われた一人の映画人によって、我々はそのことを再認識させられる。失ってから気づくのでは遅い。いま何が出来るのか。
井上 淳一(脚本家・映画監督/『大地を受け継ぐ』監督)
 
 
震災報道にセンセーショナリズムはいらない。「震災、原発事故当時と変わらぬ街の様子。時計の針が止まったままだ」という表現が嫌いだ。この6年、地域は、そして住民は復旧復興のため何をするべきか模索し、行動を続けてきたし、それぞれの選択や決断も迫られてきた。「変わらない」ように見えるのは見続けていないからだ。知らないからだ。関わっていないからだ。この映画は現場の変化を淡々と記録した。地域が抱えるジレンマと向き合い、人々の息遣いを耳元に感じるほど丁寧に描いた。東京は何をやっている。これまでの電力の恩恵を忘れたのか。「福島県の復興無くして日本の復興なし」、この言葉は政治に消費され、大衆な善良な意識を生かすためにただただ食い潰されてしまったのか。今こそ、この絶え間ない日常を記録した映像を多くの人は観るべきだ。そして、訪ねて欲しい。大地を未来に残すために。
堀 潤(8bitNews代表・ジャーナリスト)
 
 
ベルギー出身のジル・ローラン監督による映画『残されし大地』は、福島の甚大な被災と、被災地でのその後の人々の物語を描いた、力強いドキュメンタリーであり、またドキュメンタリーという範囲を超えた映画であると思います。2016年は日本・ベルギー友好150周年であり、両国の長年の絆を祝う記念の年です。本作の公開にあたり、ジル・ローラン監督が大事にされていた思いを伝えられる事を誇りに思います。
ギュンテル・スレーワーゲン 駐日ベルギー大使
 
 
松村さんはノアのように、小さな町を聖書の物語のごとく猫や犬、牛、そしてダチョウたちに囲まれた方舟にしたのだ…。
「Le Soir」(ベルギー)
 
 
この映画は儚い希望の旋律で終わる。これは傑作だ。
「Cinergie」(ベルギー)